健康を保とう

野菜スープ

ldlコレステロールは悪玉コレステロールともいわれています。このldlコレステロール値が高いと動脈硬化を引き起こす危険性が高くなります。 そもそもldlコレステロールのldlというものは、それほど悪いものではありません。本来ldlはコレステロールを必要としている体の組織に、それらを運ぶ役割を担っています。ですが、この細胞が必要としている量を超えることでldlが血液中に増えて血管の壁に沈着してしまう現象が起きます。このことが上記に述べた動脈硬化に繋がることから悪玉となるのです。 ldlコレステロールは生活習慣の乱れが大きく関わっています。食生活の乱れや慢性的な運動不足が関係しているので、これらの改善を図ることで数値を下げることが可能です。

このldlコレステロールは、基本的に飽和脂肪酸・トランス脂肪酸の摂取を控えて水溶性の食物繊維を多くとることで改善出来ます。 ldlコレステロールを下げる食材として知られているのはブロッコリーや海藻類、イソフラボンを多く含む大豆類です。またイワシやサンマなどに多く含まれる栄養素DHA・EPAも積極的に摂取しましょう。 最近発表された研究結果では、ldlコレステロールを下げる効果のある食材としてアボカドが取り上げられました。その際、ポイントとなるのはアボカドを毎日の食生活でプラスするのではなく食事と置き換えて摂取することがより効果的とされています。アボカドの不飽和脂肪酸はldlコレステロール値下げ、なおかつコレステロールの吸収を抑える効果があります。