血管の病を発病させる

マッサージ

現在の日本における病気による死亡原因は癌ですが、心疾患や脳梗塞等の血管に由来する病気も多くの割合を占めています。血管は年齢と共に柔軟性を失っていきますが、体内に取り入れる栄養素次第では悪化が促進されます。代表的な例がldlコレステロールが蓄積することによる動脈硬化です。 コレステロールは人体に必要不可欠な脂質ではありますが、ldlコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれることもあるように血中に過剰に存在すると血管壁に蓄積して自覚症状がないままに脳梗塞や心筋拘束等の発症リスクを高めてしまいます。ldlコレステロールの過剰摂取を防ぐために体内濃度の低下作用のある食品を摂取する等のバランスの良い食事や適度な運動が今後も推奨されていくでしょう。

近年の日本では健康志向の高まったことで定期的に健康診断を受けることを習慣にしている人も多くなっています。診断結果の項目には健康の目安としてldlコレステロール値も記載されていて基準値を超えていると医師から指導を受けることがあります。しかし、自覚することが難しいので対処しないことも多いでしょうが、確実に動脈硬化のリスクを高めていることを自覚しましょう。一方で、ldlコレステロール値が高いことを意識し過ぎて過剰な食事制限をしてしまうと、ldlコレステロールも人体の生存に必須の脂質ですから健康を害するリスクを高めてしまいます。 また、バランス悪い食品を摂取したり早食いや不規則な食事は体内のldlコレステロール値を高める傾向にありますから生活習慣にも注意しましょう。